免許区分、6種類に分類 確実に把握しよう

2017年4月28日

 「普通免許で中型車に乗ってしまうという無免許運転が多発したが、今回も注意が必要だ」と現行の普免が誕生した10年前の記憶をもとに、警察関係者らが警鐘を鳴らす準中型免許がスタート。

 いまも貨物ロットは4トン、10トンが中心となるトラック運送業界では車両総重量7.5トン未満(最大積載量4.5トン未満)の新免許の効果は限定的との見方が強いが、一方ではドライバーの保有免許の区分を確実に把握する管理体制が一段と求められることになる。一昨年6月に改正道交法が公布されて以降、各方面で啓発活動が展開されているが、普通から大型まで6種類に細分化される運転免許時代への備えを再確認しておきたい。


 例えば、3月12日以降に応募してきたドライバー希望者が「普通免許を持っている」と自己紹介したとして、会社側は「3つの普免」の、どのタイプかを確認しなければ乗務できる車両を判断できない。準中型の創設を説明する行政側のパンフレットなどを見ると、現行の「普通・中型・大型」が「普通・準中型・中型・大型」の4区分に変わる点をアピールする内容が目立つ。


 しかし、平成19年6月に始まった中型免許によって、イレギュラーな存在となった従来の普免(現在の限定中型)、さらに今回の準中型で現行の普免も限定準中型という立場に変化することで、実際には「普通・限定準中型・準中型・限定中型・中型・大型」の6種類に細分化されることになる。自動的に限定免許となった2つの普免所持者の自覚が薄い場合、履歴書や面接で「持っているのは普免」と説明する可能性はぬぐえない。

急ブレーキ多発地点

山形県天童市山元1043

急ブレーキ多発地点(データ提供元: 株式会社富士通交通・道路データサービス)

2017年4月24日
急ブレーキ回数:78回 (2015年1月11日〜2016年1月10日) 地点情報: 国道13号線沿い。天童市山元交差点付近で発生。 地点内、北西方向の進行で多発。 片側2車線。 ※地図内の赤色の矩形は、多発している地点を...
物流ウィークリーのツイッター
 
 
 
読者サポーターサイト
年間記事大賞

GoogleAD


PickUP ニュース

ランドピア トレーラーハウスを全国展開

踏み込んだ提案が強み

2017年4月19日

 トラックの駐車場開発を手がけているランドピア(東京都中央区)はこのほど、新たにトレーラーハウス事業を全国展開する。同社の吉田篤司社長(写真右)とスペースプラス事業部の横山恵介氏(同左)に話を聞いた。


 車両という位置付けながら、事務所としても認められるようになったトレーラーハウスは、すぐに移動ができる状態とするため、電気、ガス、水道、電話などの設備は着脱式を採用。同社ではコンプライアンスを重視し、車検にも対応している。


 事務所として設置する場合、ジャッキアップして8本の「リジットラック」で水平を取り、固定する。同社長は「いつでもどこへでも移設可能のため、借地や駐車場に事務所を開設できる」と説明。建物の建築が抑制される市街化調整区域内でも設置できるため、「用地の取得費用も節約できる」としている。

勝ち残る企業

キリングループロジスティクス 2016年度大賞発表会

「キリン品質」向上へ

2017年3月30日

 キリングループロジスティクス(加藤元社長)は3月10日、「2016年度キリングループロジスティクス大賞」の発表会を開催。同賞は、有益な創意工夫、改革、チャレンジ、安全・衛生など、業務遂行上で著しい成果をあげた取り組みや、社会的功績で会社の名誉となる取り組みに対して贈られる。


 今年度は、全37件の候補の中から、グループの部で11件、個人の部で1件が選ばれた。発表の模様はテレビ会議システムで、全国の支社に中継された。


 当日は、受賞を果たした案件の取り組み発表を実施。専用バースを創設し、配送用車両と転送用車両の待機列を分散することで、日々の現場作業の終了時間を約2時間早期化した取り組み(東日本支社物流管理部湘南支店)や、ドライバー不足などの物流環境悪化や納品条件に関する改善点について、キリンビバレッジ営業担当者と情報共有を行う勉強会の開催(本社物流管理部・支社物流管理部)、教育体制を整備・新入社員の受け入れ体制の強化ならびに、過去最高となる16人の内定者を確保した新卒採用活動(本社人事総務部・支社総務部)といった事例が披露された。

ローカルニュース

裕進運輸 プリントトラックを2台導入

2017年4月28日

 【三重】裕進運輸(渡部裕進社長、三重郡)はこのほど、プリントトラック制作会社「モバイルアド」がプリントした新規デザイントラックを導入した。


 導入したトラック2台のうち、1台はデザイン学校の学生を応援し、トラック業界の人材確保や品質向上などを狙ったLAC(村井秀世社長、東京都)の産学協同プロジェクト「街に芸術を」で表彰された小森美佳さんと平健次郎さんによるデザイン。車両の片面は水色を基調とした淡い色の背景に鯉が描かれ、もう片面には黄や青などを基調とした明るい色彩の背景に、デフォルメ化された動物がデザインされた。


 もう1台は同社がデザインしたもので、車両いっぱいに同社従業員の顔写真を印刷。背面にはホームページのQRコードが印刷されている。

政治と物流

石井啓一国交大臣 「秋頃めどに第3弾の追加項目の選定を」

生産性革命本部第3回会合

2016年9月 1日

 国交省は8月31日、「生産性革命本部」の第3回会合を開催し、これまでに選定した13の「生産性革命本部革命プロジェクト」の具体化の状況を報告した。石井啓一国交大臣は「秋頃をめどに第3弾の追加項目の選定を行う」ことを発表した。


 物流部門では、 「業務効率」「付加価値」の向上の観点から、2020年度までに物流事業の労働生産性を2割程度向上させる目標の達成に向けて取り組む。2月の通常国会で成立した「物流総合効率化法(物効法)」を10月1日に施行し、共同輸配送、モーダルシフトの取り組みをさらに強化。物流に配慮した建築物の設計・運用ガイドラインの策定に向けた検討会を、秋ごろをめどに開催する。


 このほか、平成29年度予算概算要求に盛り込んだ「トラックの積載効率向上方策」の検討、「荷主連携による輸送効率化のための車両動態管理システム」「鮮度保持コンテナ」などの導入支援、「フェリーなどの利用情報一括検索システムの構築」 、「物流システムの国際標準化」についても取り組む予定で、今後は実証事業などを通じて、トラックドライバーの省力化状況やCO2削減率などの生産性の改善を示す政策効果の確認とデータ分析を行い、効果のある施策を横展開するとともに、得られた知見やデータを活用しながら、さらに生産性向上を図るための施策を展開するとしている。

 

運行管理者試験・過去問題・解答&模擬問題

運行管理者試験・過去問題

物流メルマガ

メールアドレス
お名前
貴社名

物流マンのための物流用語集

FaceBook