Now Loading...
 
  • 運送会社

    恵武急便・山田取締役「職人減りサラリーマン化」

    2014年7月11日

     
     
     

    【岐阜】「近年は職人気質のドライバーが減り、サラリーマン化が進行している」というのは恵武急便(恵那市)の山田有恒取締役。「ドライバーは午前9時から始まり午後5時に仕事が終わるというわけではない。しかし、今ではサラリーマンのような仕事を求めるドライバー応募者が多くなってしまった。かつては職人気質のドライバーが多かった」と現状を危惧している。
     人材不足と人材教育の難しさについても、「面接だけで良い人材か悪い人材か、またはドライバー向きかどうかを判断するのは簡単ではない。やる気のある人材を確保したとしても、責任を持って仕事を任せられる『一人前』になるまで2年はかかる」という。「専門的な知識が必要となる仕事が多く、分からないことがあれば積極的に聞いて欲しい。自分だけで問題を処理しようとしなくていい。会社も聞きやすい環境を整えることが必要」と考えている。


    050804.jpg
     未経験者を採用している同社だが、ここで「サラリーマン」的な考えをする応募者が増えたと感じたようだ。「まじめだと思って採用しても、急にあいさつの声が小さくなったりと、びっくりするような変化を見せる応募者もいるため注意が必要」と笑う山田取締役。
     ドライバーの管理に対しては、「会社によっては運転席にカメラをつけて管理をしているところもあると聞く。しかし、ドライバーが気持ちよく運転できてこそ、技術の向上や会社の運営にとってプラスに働く」と考えている。
    ◎関連リンク→ 恵武急便有限会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「運送会社」の 月別一覧

     
  • 運送会社」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら