Now Loading...
 
  • 製品・IT

    MOVER 配車マンの手元に特化した業務自動化ツール

    2017年10月24日

     
     
     

     MOVER(秋田県鹿角市)が運送事業者向けに提供している業務自動化ツール「MOVER」。開発の陣頭指揮を執った蔵屋諒人社長は、「配車の際にアナログな作業を繰り返されていたユーザーも、デジタルで効率的な業務運営が可能になる」と説明する。
     同ツールは傭車先とやり取りする際に必要な「関連書類の作成」や「連絡項目の伝達」「案件の管理」をすべて同時にツール上で処理できるというもの。同社長は、「同じ書類を何度も手書きする必要がなくなり、毎回エクセルで作成するなど、負荷がかかっていたファクス票も、項目を入力するだけで簡単に送信できる」と胸を張る。
     同社長は、「配車マンの手元に特化したシステム」と特徴を説明。「ユーザーからは、『これまで60分かかっていた業務が5分に短縮できた』と喜ばれている」と笑みをこぼす。「書類の自動作成で、誤表記などのミスを防げるなど効果も出ている」


    100606.jpg
     「人材不足や労働環境など様々な課題を抱える物流業界の改革には、ラストワンマイルの部分よりも上流から改善しなければならないのではないか」と指摘する同社長。その思いから、新たに、同ツールを利用する運送事業者間をつなぐ「リアルタイム連携サービス」もスタートさせた。
     同サービスは、「中長距離のBtoBがメインターゲット」で、「依頼を提示しても決まりにくい時は、条件に合う登録事業者に声を掛け、マッチングする」という。「取扱事業が目的ではなく、すべて『運送事業を楽にしたい』を起点としたシステムの一環」と語る。
    100607.jpg
     「大学在学中に親族の運送業を手伝っていた時に、『こういうシステムがあれば』と感じた」ことが開発のきっかけ。今後は、「ユーザーを増やし、ユーザー同士が協力し合える体制を構築したい」と語る。目標は「3年後までに利用企業1万社」で、「毎月新たな機能を提供していく予定」。
     蔵屋社長は、「運送事業に関わる業務の効率化を図り、無駄な作業を減らしたい。『業界全体を良くしたい』という思いが伝われば」と未来を見据えていた。
    ◎関連リンク→ 株式会社MOVER

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら