Now Loading...
 
  • ブログ・川﨑 依邦

    労働審判・全面勝利体験報告(36)記録主義の徹底

    2011年3月25日

     
     
     

     法廷の場では主張を裏付ける証拠がものをいう。筆者の会社では記録主義を貫いている。記録主義とは、会議にあっては議事録の作成、個人面談シートの作成、退職にあたっては合意書の締結などである。


     書かれたものは証拠となり、申立人とやりとりしたメールも証拠となる。ところが、中小企業の現場では記録主義を貫くことが難しい。日々忙しい。記録する暇などない。そもそも訴えられたりすることを前提として経営していない。

     ここが隙となって一般的に経営者には不利となる。「言った、言わない」の世界では、どうすることもできない。労基法の前では無力である。にもかかわらず、訴えられる中小企業の割合は低い。

     実態は労基法上では色々問題があっても、訴えられるところまでいくのは少数である。何故か。労働者も訴えるほど暇ではないことがある。訴えるだけの手間、暇、金をかけるほどの余裕がない。

     平たく言えば、諦めみたいな感情がある。「どうせ、うちのオヤジ(経営者)を訴えても仕方ないよ。嫌なら辞めるだけだよ」。それでも訴えてくるのは背景の力である。1人でも加入できる労働組合の存在や、それこそ無茶苦茶な経営者の存在といった背景がある。訴えてくる背景はまちまちである。(つづく)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    川﨑 依邦

    経営コンサルタント
    早稲田大学卒業後、民間会社にて人事・経理部門を担当し、昭和58年からコンサルタント業界に入る。
    63年に独立開業し、現在では『物流経営研究会』を組織。
    中小企業診断士、社会保険労務士、日本物流学会正会員などの資格保有。
    グループ会社に、輸送業務・人材サービス業務・物流コンサルティング業務事業を中心に事業展開する、プレジャーがある。

    株式会社シーエムオー
    http://www.cmo-co.com

     
  • 「ブログ・川﨑 依邦」の 月別一覧

     
  • ブログ・川﨑 依邦」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら