Now Loading...
 
  • ブログ・野口 誠一

    第129回:再起の群像 見栄から出た借金

    2007年5月10日

     
     
     

     Yさんは年々受注を伸ばし、創業5年目にして売り上げ5億円を達成した。社員も10人に増え、絶好調の経営が続く。
     一方、本業の利益を不動産投資にまわし、コツコツと土地も増やしていった。その土地がまた年々値上がりし、含みが急拡大していく。Yさんは周りに、「エンジニアというより不動産屋だねぇ」などと冷かされながらも、笑いが止まらなかった。
     その頃、日本経済はすでにバブルの真っ只中にあったが、笑いの止まらないYさんに、そんなことがわかるはずもない。Yさんは、好調な受注は自分にアイデアと営業力があるからだ、買った土地が値上がりするのは自分に先見の明があるからだ、と信じて疑わなかった。


     平成元年、Yさんは工場建設を思い立った。いつまでも外注頼みではなにかと思い通りにならないし、設計・組み立ての一貫体制を目指したのである。
     そこで、いままで投資してきた土地をすべて売却し、会社の近くに600坪の用地を購入、自前の工場を建設した。土地3億円、工場1億円の設備投資だったが、借入金は半分の2億円ですんだ。
     次は工場従業員の雇用である。Yさんは一気に20人を雇い入れた。会社の体裁を整えたいという見栄半分、外注費が浮くからやりくりできるだろうという思惑半分の雇用だった。が、Yさんの見栄はまだ続く。これだけの会社の社長が、みすぼらしい家に住んでいては恥ずかしい、とばかりに、1億3000万円の借金で豪邸を新築した。これでYさんの借金は3億3000万円、さすがに資金繰りが苦しくなっていく。
     それでも毎年1億円ずつ売り上げが伸びており、Yさんは自分の経営に何の不安も感じなかった。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    野口 誠一

    八起会 会長
    株式会社ノグチプランニング 代表取締役

    昭和5年 東京生まれ、日本大学卒業。
    昭和31年 25歳で玩具メーカーを設立し、従業員5名・月商150万円でスタート。 わずか5年で従業員100人・年商12億円を売り上げるまでに成長させる。
    しかし、ドルショックと放漫経営がたたり、昭和52年に倒産。自宅や工場などの全資産を処分して負債を処理し、会社を畳む。
    翌53年、倒産経験者同士が助け合う倒産者の会設立を呼び掛け、『八起会』を設立。
    弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る『倒産110番』を開設。
    再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を無料で奉仕している。
    昭和59年 株式会社ノグチプランニングを設立し、再起をはかり、執筆活動や全国各地で講演活動を展開している。
    平成28年2月18日 東京都内の病院にて逝去、享年85歳。

    電話番号:03-3835-9510(倒産110番)
    HP:http://yaoki.html.xdomain.jp/

     
  • 「ブログ・野口 誠一」の 月別一覧

     
  • ブログ・野口 誠一」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら