Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    物流における包装の機能

    2011年3月29日

     
     
     

    危機対応の姿勢
    日産のカルロス・ゴーン社長がいわき工場の視察を行いました。
    大きな危機に直面して、現場を激励し、士気を高める姿勢はさすがだと思いました。
    逆境の中でいかに組織をまとめるかということがリーダーの必須条件といえるでしょう。
    包装の機能
    包装は物流の5大機能(輸配送、保管、荷役、流通加工、包装)の中の1つですが、その発祥は縄文時代などで使われた壺にまでさかのぼれます。
    世界各国の古代文明で壺は輸配送、保存の際に使われていました。
    現代社会ではほとんどあらゆる商品が包装されていますが、それを実現させたのはプラスチックの発明です。
    プラスチックを活用することで、包装のバリエーションは格段に向上しました。
    物流における包装の主要機能は次の2つになります。
    ①内容物の保護性
    ②輸送・保管・荷役・流通加工における利便性
    たんに内容物を保護するだけでなく、物流効率の向上に包装は大きく貢献しているといえるのです。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら