Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    物流改善へのマテハン機器などの活用

    2011年11月18日

     
     
     

    風邪の流行
    季節の変わり目ということで風邪が相当に流行しているようです。
    朝方、夕方などの寒気に注意したいところです。
    マテハン機器(MH)の導入
    マテハン機器の導入には省人化や作業生産性の向上など、多大なメリットがあります。
    物流コスト削減を効率的に推進するうえでも欠かせません。
    リードタイムの短縮や顧客満足の充実を図りながらあわせて在庫の効率的、効果的な削減を実現するにはマテハン機器が不可欠な存在であることはいうまでもないでしょう。
    ただし物流コスト削減を行うにあたっては、現場の作業状況、在庫状況、あるいは物流特性について熟知していなければなりません。
    まずMHを導入しなくても可能な現場改善などから着手し、そのうえで実際の現場改善に乗り出すのがよいでしょう。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら