Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    物流改善への姿勢

    2012年2月22日

     
     
     

    株高への流れ?
    ここにきて円安株高が大きく進展しています。
    日本経済がプラスの方向に動き出すことを期待したいところです。
    物流改善の方向性
    メーカーの物流部などが中心となって物流改善を行う場合、まず自社の製品や生産に関連する部品、資材などがどのような形状をしているのか、重量はどれくらいあるのか、物量はどれくらいになるのか、といった「物流特性」を十分に把握し、そのうえで「いかにモノの流れを効率的、戦略的に行うか」ということを考えなければなりません。
    そしてそのうえで、トータル物流コストの低減・適正化を進めます。
    たとえば、物流システム全体の効率化を図り、トラック運賃の値引きの交渉、物流センターの規模の縮小や統廃合、物流全般の人件費の圧縮などを検討していきます。
    ただし、過度なコスト削減策は逆に「裏コスト」の発生を招くなど、反作用を引き起こすこともあるので注意しましょう。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら