Now Loading...
 
  • 運送会社

    青翔運輸・古谷社長「社員にとって良い会社を」

    2014年2月14日

     
     
     

     【埼玉】青翔運輸(北葛飾郡杉戸町)の古谷隆之氏は、35歳で社長に就任。同社を率いて4年目となる。
     20歳で同社に戻ってからは、グループ会社の運営や新規営業所の立ち上げに携わってきた。「電話帳を片手に、取引先や協力会社を探した」と、縁のない土地での営業に苦労したというが、同業他社からも、「一緒に仕事をするうちに信頼され、専属でやりたいと言ってくれるようになった」と、徐々に運営は軌道に乗っていった。


    121704.jpg
     「その頃は、顔を覚えてもらうために週に6日、7日と色々なところに顔を出していた」という同社長。同じ配車係という立場で、一緒に顔を出していた業務部長とは、「切磋琢磨し、しんどいときを一緒に乗り切ってきた。今も安心して社内を任せられる」と話す。他にも、「創業時からのメンバーである常務や、総務部長として勤務する義弟が屋台骨を支えてくれている」と言う。
     「会社を創ってくれているのは、こうした経営幹部も含めた社員全員」だとし、「先代同様、大切にしたい」と、給料は手渡しにこだわっている。約100人の社員と、給料日をコミュニケーションの機会として大切にしている。
     社長に就任してから、社員の声を一層反映させたいと考えた。毎月の管理者会議と営業会議では、その日の議長が自由にテーマを決めて議論する時間を20分間作った。「坂道の凹凸が荷物に悪いという意見から、その区間は高速を使うことにした」など、現場の声を取り上げ、「お互いが何を考えているのか、意思疎通を図る場」として機能している。「皆で決めていいことは、皆で決断する」というのが、社長の方針。その背景には「社員にとって良い会社を目指す」という思いがある。
     今後も社内体制の充実に努め、今以上に「ドライバーが、仲間や息子を入れたいと思ってくれる会社にしたい」と話す同社長。「業界が違えば常識も違う」と、他業種の勉強会にも参加するなど、良い会社のかたちを模索し続けていく。
    ◎関連リンク→ 青翔運輸株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「運送会社」の 月別一覧

     
  • 運送会社」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら