Now Loading...
 
  • 運送会社

    丸一運送 石油漏洩想定、定期的に訓練

    2014年9月30日

     
     
     

     石油製品輸送の丸一運送(岩井克次社長、和歌山県海南市)は、日常訓練以外でも非常時に備えた訓練を実施している。
     同社尼崎営業所では9月3日、タンクから石油製品が大量に漏洩したとの想定で実地訓練が行われた。
     訓練は、実際の輸送に使うタンクローリーの油槽に、石油製品に見立てた水道水を満たして行われた。ガソリンスタンドで送油時に用いるホースを、ローリーの送油口に未装着のままの状態でバルブを解除すると、タンク内の水が一気に送油口から地面に吹き出した。大量に吹き出し、バルブを閉めても数分間は漏れ続けるという状況を乗務員らは体感し、その後、ローリーの後方にある緊急レバーの使い方を学んだ。レバーを力強く引っ張ると緊急停止する車のシステムは、経験の浅い乗務員では使った経験がないという。


    092001.jpg
     同営業所の蓮池崇史所長は、「タンク内の水分が乾き切る数日間、このローリーは運行できないが、こうした訓練をやっていないことのリスクの方が怖い」と話していた。
    ◎関連リンク→ 丸一運送株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「運送会社」の 月別一覧

     
  • 運送会社」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら