Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ヤマハ発動機 GXSの「Logistics Visibility」導入

    2008年12月18日

     
     
     

     GXSは16日、同社のグローバル物流可視化ソリューション「GXS Trading Grid Logistics Visibility」が、ヤマハ発動機の補修用部品事業部門に導入され、国内および北米地域で稼働したことを発表。


     ヤマハ発動機は、SaaSベースのソリューションとして同ソリューションを導入し、自社構築の補修部品受発注処理システムである「FAST-web」と統合。工場出荷や船積み、陸揚げ、通関、納入の各段階で、位置に関する情報だけでなく、部品番号や数量などの部品情報を収集し、Webポータルを通じてこれらの情報を顧客や取引先に提供することが可能となった。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら