Now Loading...
 
  • 製品・IT

    【タイヤ特集(3)】ブリヂストン「エコピア M891II」

    2009年5月13日

     
     
     

     ブリヂストンが提案するのは低燃費タイヤ『エコピア M891II』。07年の発売から好調な売れ行きで、ユーザーの評価も上々という。新しい省燃費ゴム『ニュー エコ コンパウンド』を採用し、汎用品『M880』に対して、転がり抵抗を30%低減。前作の『エコピア M891』と比較しても12%低減させている。


    tirebs.jpg
     『ニュー エコ コンパウンド』は同社保有のゴム農園で栽培した高純度の天然ゴムを使ったほか、新開発の合成ゴムと高活性型新L.L.カーボンを搭載。この3つの新材料を分子レベルで制御し、カーボン同士の摩擦によって発生するエネルギーロスを抑制した。この最新の材料技術『ナノプロテック』は、タイヤの仕様上、必要な特性を引き出すためのもの。『エコピア M891II』では同技術を転がり抵抗の低減に焦点を絞って搭載した。乗用車用のスタッドレスタイヤ『ブリザック REVO2』にも採用されている。
     同製品は前作で好評だったウェット性能、摩耗性能はそのまま踏襲している。なお、同製品を含む『エコピア』シリーズでもリトレッド用トレッドを揃えている。

     
     
     
     
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •