Now Loading...
 
  • 製品・IT

    トーヨートレーラー ニーズに応えたオリジナル車両開発

    2011年6月7日

     
     
     

     重量物のシャシーや特殊キャリヤーなどの開発・販売を手掛けるトーヨートレーラー(大阪市淀川区)は、いままで培ってきたノウハウを生かし、顧客のニーズに応えたオリジナル車両を提供している。
     同社は、荷物の形態や、それぞれの仕事環境に合った車両を提案するため、顧客と綿密な打ち合わせをした上で、基本のシャシーを改造してオリジナルの製品を開発している。


    0530-5.jpg
     営業グループの浜村好昭グループリーダー(写真中央)は「特殊車両に特化することで、他社には開発できない製品を開発している」とアピールする。国内で唯一同社だけが製造している超重量物輸送用の「コンビネーショントレーラー」は、荷物や重量に合わせた車体や架台フレームの組み替えができ、昇降機能も軸重20ー40tまで設定が可能なほか、ステアリング装置が装備されており、走行時の追従性を向上させる設計になっている。
     また、エアサストレーラーは、Fエアサスを新設計し、油圧シリンダーによる昇降が可能。Rエアサスは、荷物の用途で軸数や軸重、形状の選定もでき、オリジナルステアリング機構を備えることで搬入作業をスムーズに行える。
     さらに、低床式シャシーでは、スイッチボックスのボタンで簡単に操作ができ、車両と車体を接続できるほか、荷物に合わせた荷台長を自由に伸縮可能。安全な積載が行えるように組み替え式フレームを採用している。
     同社は、定番のシャシーを優れた技術で各社の用途や形態に合わせたオリジナルのシャシーに仕上げることで他社との差異化を図り、顧客から高評価を得ているようだ。
     統括部長の鈴木彰一取締役(写真左)は「定番のシャシーではなく、特殊でオリジナルな製品を開発して販売していく」と意気込みを語る。さらに両氏は、「困った内容を把握して、最善の車両を提案していく」と話す。
    ◎関連リンク→ 株式会社トーヨートレーラー

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら