Now Loading...
 
  • 製品・IT

    中山産業 循環型リサイクル輸送を推進「Nシリーズ」

    2011年8月18日

     
     
     

     環境に配慮したプラスチック製品の研究や開発、製造、販売を手がける中山産業(中山和久社長、大阪市淀川区)では、循環型リサイクル輸送が可能な「Nシリーズ」を販売している。「N─CASE」は、プラスチックとアルミ材でできており、軽量で折り畳みが可能。耐荷重圧270kgを実現し、低コストでコンパクト性が評価され様々な分野で導入実績を誇る。


    0807-10.jpg
     また、樹脂製のため水やサビに強く、従来のダンボールと違い繰り返し使用でき、精密機械ケースや保管箱をはじめ、幅広い用途で使用ができる。
     「N─CASE」を開発後、顧客の要望に対応して完成した「N─コンテナー」は、パレットと一体となった折りたたみ可能なケースで、壁面になるPP樹脂パレット上で組み合わせることでコンテナ状になる。対価重圧4.6tを実現し、使用しないときはケース部分が収納でき輸送や保管にスペースを取らない。
     中山社長は「通常のコンテナは空気を運んでいるが、折りたたむことで、かさばらずにコンパクトに運べる」と話し、「女性1人でも、手軽に組み立てられることも特徴」と説明する。
     さらに同社は、使用後の製品を回収するゼロ・エミッションの循環型リサイクルシステムを確立して、パートナー企業への再資源化や物流コストの削減を提案している。
     中山社長は「仕事がなければ何かやっていくしかない。これからも樹脂関係の部品を製品化して、ユーザーに自社の商品わかっていただけるようにやっていきたい」と意気込みを語る。
    ◎関連リンク→ 中山産業株式会社
         (中村優希)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら