Now Loading...
 
  • 製品・IT

    トランストロン 運行管理システムに「ルート配送機能」追加

    2013年5月20日

     
     
     

     富士通グループのトランストロン(横浜市港北区)はこのほど、富士通ネットワーク型デジタコ専用のクラウド型運行支援サービス「ITP-Web Service」に標準機能として「ルート配送機能」を追加した。
     価格据え置きで追加した新機能は、配送先ごとに早配・遅配や店着温度の管理が行えることに加え、動態把握で配送進捗もリアルタイムで管理できるというもの。


     ドライバーが店着連絡する必要がなくなり配送業務に専念できるだけでなく、コンビニや食品など、定時配送が必要な全ての業態での輸送品質向上を支援する。また、ルート配送専用の日報帳票も設ける。
     価格はネットワークデジタコ「DTS-C1」専用サービスが、車両あたり月額2478円(税込み)、ドラレコ画像管理機能も搭載した「DTS-C1D」は同2793円。
     同社では、「今後も年2回の標準機能追加を行い、導入後もユーザーの使い勝手を向上させていく」としている。
    ◎関連リンク→ 株式会社トランストロン

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら