Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ヤマトオートワークス 名古屋工場竣工、4柱リフトなど導入

    2013年5月21日

     
     
     

     ヤマトオートワークス(佐々木敬史郎社長、東京都江東区)は4月24日、名古屋港付近に車両整備工場「スーパーワークス名古屋工場」を竣工。同26日から営業を開始する。名古屋港近隣に拠点を持つ約1600社(保有車両数3万2000台)の運送事業者に営業展開。5年以内にエリア内シェア12%(年間約3800台)を目指すという。
     新工場は、6151平方mの敷地に延べ床面積1013平方mの鉄骨造り2階建て。通常のトラック・バスの整備設備に加えて、スーパーワークスとしては全国で初めて、1ラインでトラクターを2台同時に整備できる「4柱リフト」などトラクター・トレーラに対応する設備を導入した。


     車両の車検・3か月点検など車両管理業務を一括で請け負うことで「予備車の保有台数を削減し、運行中や仕向け地での突発故障が抑制できる。保有するトラクター・トレーラの台数を最適化しながら稼働率を上げるソリューションを提供していく」と説明している。
    ◎関連リンク→ ヤマトオートワークス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら