Now Loading...
 
  • 製品・IT

    日立情報制御ソリューションズ「SCM一元管理で課題解決」

    2014年1月20日

     
     
     

     日立情報制御ソリューションズ(髙山光雄社長、東京都台東区)は11月29日、SCM・ロジスティクスイノベーションセミナー「SCM改革の勘どころ~在庫適正化・輸配送効率化など物流コントロールに必要なエッセンスを徹底紹介~」を開催した。
     第1部は「日立の考える輸配送および在庫適正化についての物流コントロール」。荷主、運輸の各立場からの課題を、事例を交えて紹介。第2部では「身近にあるビッグデータ・PSIデータの可視化とシミュレーションによる在庫最適化」について講演。第3部は「輸配送量の波動に応じた正確かつスピーディな輸配送計画への提言」として、同社が提供する輸配送ソリュ―ション『NEUPLANET』を解説。需要予測に基づいた在庫計画で生産、輸送出荷を一元管理で行うシステムの特徴とポイントを説明した。同社では、輸送現場に対しても「トラブルなどで入出荷スケジュールの調整が必要になっても、コンピュータ管理することで随時適正な配車に組み替えることが可能」と説明。


    121204.jpg
     また、運輸業界で労基問題も含めて課題の一つとなっている長時間にわたる荷待ち時間についても、「車両ごとのデータが把握できるので、単に拘束時間が長いというだけでなく、数値化することで荷主側に対しても問題を明らかにでき、現場でも調整・修正する点など解決の糸口になるのではないか」と話した。
    ◎関連リンク→ 株式会社日立情報制御ソリューションズ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら