Now Loading...
 
  • 製品・IT

    富士ソフト 5万円のデジタコ発売

    2014年7月3日


    Warning: file_get_contents(https://graph.facebook.com/v2.7/?id=https%3A%2F%2Fweekly-net.co.jp%2Flogistics%2F17300%2F&access_token=1717908261793858|L_psnS3KzzYizptWAutP4ZfvbbY): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/weeklynet/weekly-net.co.jp/public_html/wp/wp-content/themes/weekly/tmp_sns.php on line 18
     
     
     

     富士ソフト(横浜市中区)は、「安価で標準機能が全てそろう」というコンセプトで開発し、国交省の型式指定も取得したデジタコ「FSDTー01」の発売に注力している。
     本体価格は5万円(工事費別)と低価格ながら、1台で業務に必要な機能を網羅。GPSやGセンサーを搭載しているだけでなく、帳票類やアプリケーションも標準装備している。リアルタイムでの運行管理には対応せず、拡張性も制限したことで、低価格を実現している。


    0703f.jpg
     プロダクト・サービス事業本部の平岩裕企画グループ長(写真右)は「国交省がまとめたアンケートなどを見ると、これまでのデジタコは、様々な機能が付き過ぎて使いこなせない上に、価格が高いという意見が多かった」と指摘。「ユーザーの『できるだけコストを抑えたい』という要望に応えた」と同製品開発の経緯を説明する。付属ハーネスで、「取り付けコストも大幅に削減可能」とも。
     オプションとして1万5000円で販売している「ステータス入力パッド」を活用することで、「実車/空車」「高速/一般」「荷積」「待機」「休憩」などの状態管理もできる。
     勝又繁セキュリティソリューション営業グループ長は、「後発メーカーとして、既存製品に手を出されなかったユーザーをターゲットにし、安心・安全をサポートすることで社会に貢献していきたい」と説明。「導入コストを抑え、浮いた資金を福利厚生に当てて従業員に還元したり、新たな安全投資に回したりしていただきたい」と同製品の意義を語る。
     「当面は直販と代理店販売で展開していくが、近い将来、Web販売も検討している」とも。「オリンピックへ向けて人手不足が加速する中、少しでも業界のお役に立つことができれば」と話す。
    ◎関連リンク→ 富士ソフト株式会社

     

    Warning: file_get_contents(https://graph.facebook.com/v2.7/?id=https%3A%2F%2Fweekly-net.co.jp%2Flogistics%2F17300%2F&access_token=1717908261793858|L_psnS3KzzYizptWAutP4ZfvbbY): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/weeklynet/weekly-net.co.jp/public_html/wp/wp-content/themes/weekly/tmp_sns.php on line 18
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら