Now Loading...
 
  • 製品・IT

    エビハラ 緩衝材「トリコン」 製造・販売

    2014年12月10日

     
     
     

     エビハラ(大阪府東大阪市)は、緩衝材「トリコン」を27年間にわたり製造・販売している。海老原昌幸社長は「環境に優しく、強度を誇るトリコンを一部地域で自車配送しているが、関西地域の顧客に運送してくれる会社も募っている」と製品をアピールするとともに、運送企業のパートナーを探している。
     「トリコン」はテトラ型とピロー型があり、4種類を展開。テトラ型はSサイズ・3000個、Mサイズ・2000個が1袋、またピロー型はSサイズ・1700個、Mサイズ・1200個が1袋で販売されている。


    111408.jpg
     海老原社長は「燃やしてもダイオキシンが発生せず、何よりも環境にやさしい」と話す。さらに、トリコンは99%が空気のためローコスト。使いたい分だけミシン目で切り取って使用できるほか、空気を抜いて減容化できるので発泡スチロールなどに比べ廃棄処理も簡単だ。
     同製品は他社の類似品とは異なり、1.5トンの重さにも耐えられるようポリエチレンとポリエステルを混ぜて強度を高めている。「素材が伸びて、いつの間にか空気が漏れてしまうこともなく、手で力を入れても割れない」と説明する。
     トリコンについて、同社長は「強度があるためリユースが可能で、荷物を送る側、送られる側双方で活用できる。航空便貨物室の減圧下での製品試験では、全ての緩衝材が2時間破裂することはなかった。主に船便や航空便などといった輸出の荷物に使っていただいている。自社で梱包作業を行う物流会社も増えてきたので、需要があるのではないか」と話す。
     また、同社ではエア緩衝材製造機「PACO」も取り扱っている。本体はコンパクトな卓上サイズで基本操作は「サイズ」「連鎖数」「製品数」を設定し「スタートボタン」を押すだけ。フィルムの切断刃部分は厳重に保護されているため安全。
     協力会社について、「トリコンは、重さはないが容積がかさばるため、なかなか運んでくれる運送会社が見つからない。大阪府下や尼崎市などの兵庫県、京都府にルート配送をする物流会社を探している。気軽に問い合わせいただければ」と話す。詳しくは同社HPまで。
    ◎関連リンク→ 有限会社エビハラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら