Now Loading...
 
  • 製品・IT

    極東開発工業 新型コンクリートポンプ車発売

    2015年6月30日

     
     
     

     極東開発工業(兵庫県西宮市)は、高圧大容量ポンプユニットを搭載したピストン式コンクリートポンプ配管車「ピストンクリートPT110ー10」を開発し、5月6日から発売。
     新型車は、昨年2月に発売した「ピストンクリートPY135―28―H」で実績のある、16.0Mpaの最大吐出圧と、毎時112立法mの最大吐出量を誇り、きめ細やかな電子制御による大幅な低騒音化(従来機比)を実現、高圧大容量ユニットを搭載した配管車となる。
     また、シャシーにホイールベース約5550mmのGVW22トン車を採用。あらゆる現場に対応できる機動性を確保。同社は「コンクリートポンプ配管車に求められる『高圧打設』『大容量打設』『長距離打設』のそれぞれのニーズに対応できる能力を備えた新型コンクリートポンプ車」としている。


    052602.jpg
     販売価格は、6300万円(希望小売価格・税抜き・シャシー価格込み)。
    ◎関連リンク→ 極東開発工業株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら