Now Loading...
 
  • 製品・IT

    三菱ふそう サービス技術コンテスト、36チーム108人が競う

    2015年10月20日

     
     
     

     三菱ふそうトラック・バス(マーク・リストセーヤ社長、神奈川県川崎市)は、10月15日付で「2015年度サービス技術コンテスト全国大会」の結果を発表した。同10日、同社の喜連川研究所(栃木県さくら市)で行われた同大会は、「お客様満足の向上」を目指し、サービススタッフのスキルアップとモチベーションアップを促し「お客様に安心を提供できるサービスや整備力の向上につなげる」ことを目的とし、全国の三菱ふそう系販会社とMFTBC地域販売部門から選抜された36チーム、108人が各競技に挑んだ。


    111902.jpg
     1チーム3人(フロントスタッフ1人、メカニック2人)で行われたトラブルシューティングの団体競技と学科競技。キャンター4トン積載ダンプのキャブ付きシャシーでの故障診断では、制限時間内に法令点検で入庫した車の不具合箇所を診断、修復するとともに顧客に適したサービスを提案する力が試された。各競技の合計得点で総合優勝に輝いたのは、「SC北関東 東北・北関東1チーム」の中根剛、小野寺孝太郎、樽川正人の3氏。準優勝は「SC西日本 中国・四国2チーム」、3位は「SC東海・北陸5チーム」が選ばれた。
    ◎関連リンク→ 三菱ふそうトラック・バス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら