Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ユニキャリアHD MFETとニチユ三菱へ全株式譲渡

    2016年5月16日

     
     
     

     ユニキャリアホールディングス(志岐彰社長=写真右、神奈川県川崎市)は4月6日、三菱重工フォークリフト&エンジン・ターボホールディング(MFET、前川篤社長=同中央、同)とニチユ三菱フォークリフト(二ノ宮秀明社長=同左)、京都府長岡京市)への全株式譲渡に伴い、前川・二ノ宮両社長と合同記者会見を開催した。株式譲渡は3月31日付で行われ、持ち分割合はMFET65.0%、ニチユ三菱35.0%。MFETは三菱重工の100%子会社のため、ユニキャリアは三菱重工の孫会社となった。
     これは昨年7月から予定されていたもので、MFETは3月に発足。親会社である三菱重工の中では火力発電、製鉄機械の2社を含めた3社で「独自経営合弁会社」の事業部門に位置付けされており、2017年計画値では3社の売り上げは2兆7000億円、営業利益2700億円。MFETはフォークリフト(物流機器)事業として、7月には三菱重工エンジン&ターボチャージャの営業も開始する。


    041411.jpg
     前川社長は「統括会社全体で売り上げ規模1兆円を目指す」と発表。二ノ宮社長は「物流業界は規模の大きい方が利益を獲得しやすい。この拡大した規模をいかに活用するかがポイント」と述べた。
    ◎関連リンク→ ユニキャリア株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら