Now Loading...
 
  • 製品・IT

    フレームワークスとYRP UNL AI活用の新提案を募集

    2017年4月29日

     
     
     

     フレームワークス(静岡市駿河区)と、YRPユビキタス・ネットワーキング研究所(東京都品川区)は4月13日、「次世代ロジスティクスオープンデータ活用コンテスト」を28日から実施すると発表。昨年に続き2回目の開催で、応募受付は9月27日まで。結果発表と表彰式は11月を予定。
     人工知能(AI)を活用した物流の新しい提案を、アプリケーションやWebサービス、調査研究レポート、ガジェットなどの幅広い分野で募集する。条件は、フレームワークスのオープンデータを活用することで、個人、法人を問わず誰でも応募可能。賞金総額は500万円。
     また、オープンデータとAI、物流の可能性について同27日、同コンテスト審査員長の坂村健氏が、学部外との連携を担うために組織した「INIAD cHUB(イニアド シーハブ)」で、「次世代ロジスティクスオープンデータ活用コンテスト〜人工知能(AI)活用の時代に向けて〜」と題したシンポジウムを開催する。


     会場は東洋大学赤羽台キャンパス(東京都北区)で、午後4時から同6時まで。事前申し込みが必要で、参加費は無料。
    ◎関連リンク→ 株式会社フレームワークス

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら