Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ナビタイムジャパン  トラックカーナビに「ルートチェッカー」追加

    2019年2月1日

     
     
     

    ナビタイムジャパン(東京都港区)は1月31日、トラック専用カーナビアプリ「トラックカーナビ」に、「車両の大きさに対して道幅が狭い」といった道路上の注意地点がひと目でわかる新機能「ルートチェッカー」を追加したと発表。

    同機能は、利用者が登録した車両情報をもとに、ルート上に注意の度合いで色分けしたピンアイコンが表示され、「車両の高さと高さ規制の差が10cm以下」といった詳細情報を確認できる。同社によると、注意箇所は、車両の幅と長さ、道路の幅と高さ、道路のカーブの角度などから計算して判定しているという。

    同社は、「ルート上に走行しづらい道がないか事前に把握することで、必要に応じてルートや運行計画を変更する判断材料にもなる」とししている。

    ◎関連リンク→ 株式会社ナビタイムジャパン

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別記事一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら