Now Loading...
 
  • 製品・IT

    三井物産 自動車リサイクル法に対応する業務を委託

    2004年3月17日

     
     
     

     三井物産は17日、いすゞ自動車、スズキ、日産自動車、日産ディーゼル工業、富士重工業、マツダ、三菱自動車工業、三菱ふそうトラック・バスの国内自動車メーカー8社から、2005年1月施行予定の『使用済み自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイクル法)』に対応する業務を受託したと発表。
     日産自動車をチームリーダーとする自動車破砕残渣リサイクル促進チーム「ART(エイ・アール・ティー)」と連携し、各メーカーが行う自動車破砕残渣のリサイクルを適正かつ効率的に実施するための仕組み作りを支援していく。また、法施行後には、メーカー8社分として取り扱う全国で年間約200万台相当の自動車破砕残渣の再資源化に関する物流手配や管理を行う。
     三井物産では、物流管理や業者管理などの一部業務を、100%子会社で鉄スクラップ業界最大手の三井物産金属原料に担当させ、よりきめの細かい業務を遂行していく。三井物産金属原料は、JR東日本の資源物流システム構築などの実績を持つ。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら