Now Loading...
 
  • 製品・IT

    日野自動車・東京電力 「外部電源式アイドリング・ストップ冷暖房システム」の実証試験開始

    2005年7月27日

     
     
     

     日野自動車と東京電力は27日、東神トラックステーション(神奈川県大和市)で8月1日から来年3月末まで「外部電源式アイドリング・ストップ冷暖房システム」を利用した実証試験を開始すると発表。長時間エンジンをかけたまま待機する機会の多いトラックの冷暖房に、外部から直接電力供給を行うことでアイドリング・ストップを推進し、環境負荷の低減を図る。
     CO2など温室効果ガスや有害ガスの排出量の削減が求められる中、運輸部門では有効な解決策の一つとしてアイドリング・ストップが注目されている。しかし、ドライバーの仮眠や荷受け・荷下ろしまでの待機時間など、エンジンをかけたまま運転室内の冷暖房を使用し駐停車するケースがあり、長時間のアイドリングを抑制することが課題となっている。
     同システムは、運転席に設置する「外部電源式冷暖房装置」と、駐車場に設置し外部から冷暖房装置に直接電力を供給する「給電スタンド」で構成され、長時間の駐停車時にエンジンを停止した状態で冷暖房の使用が可能となる。今回の実証試験は国土交通省と貨物自動車運送事業振興センター、運輸事業者3社が協力。東神トラックステーションの駐車場に3台の「給電スタンド」を設置し、3社が所有する6台のトラックで実際に同システムを活用して、実用面での課題抽出や、課金システムの性能、品質の検証などを行う。
     同システムを利用してアイドリング・ストップを行うことで、大型トラック1台で1時間あたりCO2が約77%、NOxは約97%の環境負荷低減効果(冷房時)が期待できる。さらに、アイドリング時のトラックの燃料消費コストに比べて、同システムの電力消費コストは約5分の1で済むことから、コスト面でも大きな効果が期待される。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら