Now Loading...
 
  • 製品・IT

    日本ベリサイン・三井物産 ICタグ流通サービスで協業

    2006年3月16日

     
     
     

     日本ベリサインと三井物産はこのほど、無線ICタグ活用の世界標準化に基づく、インターネットを利用した無線ICタグ流通情報サービスの構築で協業すると発表。
     両社は、ICタグ導入による効率化の仕組みが社会に広く浸透するよう、システム構築を容易にし、複数企業間でタグ情報を共有出来る仕組みとしてインターネットを利用した無線ICタグ流通情報サービスの構築に取組む。
     三井物産は、子会社である三井物産戦略研究所を中心とした無線ICタグに関して、これまで様々な実証実験などを通じてICタグの利用方法を研究してきた。
     日本ベリサインの親会社である、米国ベリサイン・インクはインターネットを利用した無線ICタグ情報ネットワークに関する国際規格の標準化団体である「EPCglobal」の一員として仕様策定の作業を行っている。
     今後、日本ベリサインと三井物産は互いの知見・経験と技術に基づき、様々な分野で効果の高い、世界標準であるEPCglobalに準拠した、無線ICタグの流通情報サービス構築を目指していく。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら