Now Loading...
 
  • 製品・IT

    あきば商会 ドライブレコーダー『クオリティービジョン』

    2006年5月15日

     
     
     

     「事故のない安全で安心な未来を」—。あきば商会(東京都足立区)では、安全運転指導、事故防止、運行管理に役立つドライビングレコーダー『クオリティービジョン』を発売。
     同製品は、安全運転指導だけでなく、環境に優しい省燃費運転の励行にも繋がるため、財団法人運輸低公害車普及機構(LEVO)のEMS補助制度での対象製品として認定を受けている。
     同製品は38万画素の小型軽量CCDカメラを採用。最大720×480の解像度で30フレーム/秒の高画質で映像を保存する。また、前方はもちろん、バック、左死角、荷台内など、最大4台までのカメラが設置可能で、それぞれの映像を同時録画できる。
      急加速や急ブレーキなどをセンサーが検知すると、検知前後の映像を保存する『イベント記録機能』ではSDカードを活用。センサーの感度や記録時間は管理者側で自由に設定でき、ドライバーの経験にあわせて柔軟に調整できる。
      なお、オプションのハードディスク装置を利用することで、最大約1週間の連続画像を保存することも可能。GPS装置を装着することで、運行管理システムとしても活用できる。
     解析ソフトを用いれば、運行状況、運行軌跡が画像とグラフで表示され、地図情報とともにデータベース化。ドライバーに対し、安全運転はもちろん、燃費の向上にも繋がる的確な指導が可能となる。
     『クオリティービジョン(Mu—04)』の価格は18万5,000円、解析ソフトは17万円。同社HPは、http://www.akiba—shokai.co.jp/

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら