Now Loading...
 
  • 製品・IT

    日本通運 CO2排出量算出ソフトを開発

    2006年9月4日

     
     
     

     日本通運は4日、「改正省エネ法」で荷主企業へ報告が求められているCO2排出量算出ソフト「ココCALC!(ココカルク!)」を日通総合研究所と共同開発したことを発表した。
     同ソフトは荷主企業の負担を軽減するために開発したものでCO2排出量を「改良トンキロ法」で算出するだけでなく、輸送モードを変更して算出シミュレーションも可能となっており、排出量削減の着眼点を見つけ、モーダルシフトの効果認識にも役立つ。
     具体的には、出荷実績をもとに、利用する輸送手段と全国市区町村間距離からCO2排出量を算出し集計する。さらに日別・月別、または出荷先都道府県別などの集計もできる。
    ◎関連リンク→日本通運

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら