Now Loading...
 
  • 製品・IT

    日本ベリサインら3社 JPRにRFID活用システム導入

    2007年3月16日

     
     
     

    日本ベリサイン、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、日本オラクルはこのほど、共同で日本パレットレンタル(JPR)が運営するWeb物流機器管理システム「epal」に、UHF帯RFIDタグとリーダを利用して物流容器の管理を行うシステムを導入し、稼働を開始した。


    JPRは06年8月より、グリーン物流パートナーシップ推進事業のモデル事業として、日本ベリサインの協力のもと、RFIDを活用した物流の効率化事業に取り組んでいる。
     パレット約200万枚にRFIDを取り付けることで、サプライチェーンを流れる空パレットの状態を把握し、パレット回収の物流効率を高めることでCO2削減に貢献している。
     新システムは、パレットに取り付けられたRFIDから収集されるEPCデータを、日本ベリサインが提供するEPC Starter Serviceを経由し、JPRの「epal」にリアルタイムで情報を統合する。
     RFIDの国際基準「EPCglobal」にも準拠しており、国際的なSCMシステムへの拡張にも対応可能。
     なお、CTCは「RFIDから収集されるデータを一元管理するためのアプリケーションの設計・開発」、「各物流拠点と管理システムをつなぐネットワークの設計・構築」、日本オラクルは「各種リーダやデバイスを管理するRFIDミドルウェア製品『Oracle Sensor Edge Server』の提供」、などの面で技術協力を行っている。(07/03/15)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら