Now Loading...
 
  • 製品・IT

    アクテック 保管・運搬用アルミケースが好評

    2007年5月7日

     
     
     

     保管・運搬用アルミケースなどを製造しているアクテック(芦田庄司社長、大阪府枚方市)。精密機器の運搬に、また個人情報を保護するうえで最適として、物流業界からも注目されている。
     1972年に創業した同社。「アルミケースの生産数では業界ナンバーワン。お陰さまで、大手物流企業にも使っていただいている」と語るのは、営業部の江野恒治氏。「品質のISO9001認証と環境の同14001認証を両方取得している点も、高い信頼につながっている」と胸を張る。


     数ある同社の製品の中でも、引越事業者をはじめとする運送事業者からも注目されているのが「セキュリティーボックス」だ。錠前に南京錠を掛けて、カギは顧客が預かるというもので、顧客の大切な荷物やプライバシーを守る。
     さらに、最近では薄型テレビの運搬用ケースも人気を集める。「高額でデリケートな薄型テレビは、運搬が非常に困難で、常にキズ、破損の心配がつきまとう。弊社のケースは耐震・耐久性にすぐれており、運搬時の事故を未然に防ぐ」とし、「キャスター付きで運びやすく、ムダな梱包材が不要で梱包時間の短縮にもつながる」とする。
     同社のアルミケースは完全受注生産で、1個の注文から引き受けるとし、「これまで生産した数は1万5000種類を超える」(営業部・小谷尚司氏)。また、耐震・耐久性にすぐれて頑丈という観点から、最近では防災用としてのニーズも増えているという。
     参考価格は、セキュリティーボックス(60cm×42cm×49cm)が4万円、薄型テレビ運搬用ケース(32インチ)が10万円。
     詳細は同社ホームページ、http://www.actec1972.co.jp/

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら