Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    プロロジス 「プロロジスパーク座間I」に太陽光発電システム導入

    2008年11月17日

     
     
     

     プロロジスは13日、神奈川県座間市に開発中のマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク座間I」で、発電出力1メガワットの太陽光発電システムを導入することを決定したと発表。


     同施設の屋根部分の約半分(約1万2000平方m)に同システムを導入し、同施設内で使用される電力の一部を補う計画。年間で約100万kWh(一般家庭約280世帯分の年間消費電力に相当)の発電を見込む。これにより、原油換算で年間246kLの石油代替効果が期待でき、CO2削減量に換算すると年間約328tになるという。同施設は09年5月の竣工に向けて開発が進められており、同システムは7月からの稼働を予定している。
     なお、導入にあたっては、資源エネルギー庁の「新エネルギー等事業者支援対策事業」としての申請が認められ、同庁より補助金が交付されることになっている。
    ◎関連リンク→プロロジス

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら