Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    LPG車導入補助事業が国交省の管掌に

    2009年3月2日

     
     
     

     LPG(液化天然ガス)車導入に関連した国の補助事業が、09年度から営業車については国交省の管掌となる。
     現在は営業・自家用とも経産省が担当、日本LPガス協会(久内幸二郎会長、アストモスエネルギー社長)が窓口となって各種補助事業を行っているが、4月以降、経産省は自家用、国交省は営業用と「営自分離」を実施、それぞれ「よりきめ細かな補助」を行っていく。


     国交省は現在、CNG(圧縮天然ガス)車導入促進に向けた各種補助事業を行っているが、LNG車は対応していない。トラック業界では大型トラックには不向きなことや、供給スタンドなどの問題もあり、あまり普及していなかった。
     近年、補助内容の充実とともに、大掛かりな工事を必要としない簡易スタンドが開発・販売されるなどでトラック事業者にも積極的に導入するケースが増えている。トラックは2―3tクラスが中心だが、燃料コストは軽油やガソリンより低減できるほか、CO2排出削減やクリーンなイメージ、騒音対策などに効果を発揮するという。
     国交省は「事業者が選べる低公害車のメニューを増やすのも国の役目。トラック事業者にも現行のCNG車導入促進に負けない支援・補助を展開していく」と説明。現在、日本LPガス協会と補助事業について「すり合わせ」を行っている。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら