Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    プロロジス 「プロロジスパーク舞洲」開発へ

    2004年12月24日

     
     
     

     物流施設専門の不動産開発会社プロロジスは12月24日、大阪市と土地売買契約の締結式を行い、同市が分譲予定であった舞洲(=まいしま、大阪市此花区)の都市機能用地7万8763平方メートル(約2万3590坪)を同社が購入し「プロロジスパーク舞洲」を開発すると発表した。同物流施設の着工日や具体的な内容については現在計画中としているが、立地に優れているだけでなく用地が広大なため、複数テナントの利用が可能な大規模のマルチテナント型物流施設の開発も想定されているという。 「プロロジスパーク舞洲」は、同社にとって「プロロジスパーク大阪」(同住之江区)に次ぐ大阪港で2件目の大型物流施設開発プロジェクトとなり、国内では20件目のプロジェクトとなる。
     今回の契約締結について奥田剛章大阪市港湾局長は、「『プロロジスパーク舞洲』の進出決定は、大阪経済活性化への大きな刺激と波及効果をもたらすものと期待している」と語っている。
     また、同社ではこのほど、国内では東京本社に次ぐ営業・開発拠点となる大阪事務所(同住之江区、プロロジスパーク大阪1階)を開設している。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら