Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本郵船 「カトリーナ」による被災地へ支援活動

    2005年9月7日

     
     
     

     日本郵船グループは7日、大型ハリケーン「カトリーナ」による被災地への支援活動について報告。現在、同社の米国現地法人NYK Line(North America)Inc.において、氷や食糧及び飲料水の輸送のために、冷凍コンテナ、ドライコンテナの無償貸与による支援活動を進めている。
     すでに40フィート冷凍コンテナ2本と20フィートコンテナ1本を、支援仲介役を担っているジョージア港湾局に貸与することを決定。取引先のトラック会社の協力を得て、サバンナ港からルイジアナ州及びミシシッピ州に輸送される。その他にも、現在40フィートコンテナ2本、20フィートコンテナ1本を貸与し、飲料水の輸送を支援する事を検討している。
     また、同社の米国物流現地法人であるNYK Logistics Americasも、トラックの無償輸送による支援活動を行う予定。このほか、上記2社を含む同社グループ米国現地法人各社においても、社員に募金の呼びかけを行っており、各々の会社からも同額のマッチングギフトを行った上で、米国赤十字社に寄付する予定。
     同社グループ会社の日本貨物航空株式会社でも、支援物資の無償輸送による協力を開始する。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら