Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    北京近鉄 南京禄口国際空港内に監管倉庫を新設

    2006年9月21日

     
     
     

     近鉄エクスプレスの中国法人の一つ北京近鉄運通運輸有限公司(北京近鉄)は、南京支店の監管倉庫(輸出入保税専用倉庫)を南京禄口国際空港内に新設し、18日から営業を開始した。
      今回の倉庫新設は、寧波支店倉庫移転、上海・浦東国際空港への監管倉庫移転に続き、輸入航空貨物の取扱量増加に対応するためのもの。なお、南京地区での保税倉庫開設は、日系物流事業者では初となる。
     南京は、『長江三角州経済地区』に含まれており、沿岸部の上海から、蘇州、無錫に続く大上海圏の最西端に位置。無錫、蘇州にはない国際空港があるため、輸出入のポイントとしても今後の発展が見込まれる地域とされている。
    ◎関連リンク→近鉄エクスプレス

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら