Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    トラック運送事業経営のシミュレーションゲームが人気

    2007年12月27日

     
     
     

     トラック運送事業をテーマにしたパソコン用の経営シミュレーションゲーム「フレイトタイクーン日本語版」が11月末から発売されている。同ゲームはロシアで開発されたものだが、現在はヨーロッパなど世界各国で販売されている人気商品。
     プレイヤーが運送会社のオーナーとなり、ドライバーや修理作業員、事務員を雇い、経営効率化を進め会社を大きくしていくというもの。積み荷に応じて、時間を取るか積載率を取るかを、利益、コスト、人件費を考慮して選択するなど、実際の配車業務にも通じる本格的な内容。「トラックを売る」、「人材を解雇する」などの選択肢も設定されている。 


    game1.jpg
     トラックの車種はバン、コンテナ、タンク、オープン、材木用、装甲車で、ドライバーはこの6種類のトラックを運転するためのそれぞれの免許が必要。
    配送品目も、石炭、材木、電気用器具、貴金属、機械類、食料など多種多様で、重工業、軽工業、製材所、市場など荷主の業種もしっかりと設定されている。
    game2.jpg
     現実の運送事業と同様に、ゲーム中の経営者(プレイヤー)は取引先企業を発展させるために多様なニーズに応えることが求められ、配送品目に適したトラックを用意するだけでなく、様々な条件を満たすことが必要となってくる。
    game4.jpg
     ゲーム中で収益が上がればオフィスの拡張やグレードを上げることができ、それに伴い、事務員の採用を増やすことも可能。また、電話サービス、コンピュータ化、高速インターネット化などの業務に必要な製品やサービスを購入し、事務作業の効率を上げることもできる。
    game5.jpg
     発売元ゲームメーカーのズー(長野県上田市)に話を聞くと、「大人も楽しめる運送業界がテーマの経営ゲームとなっている。一度プレイすると、病み付きになるはず」としている。
    価格は8,190円。
    公式サイトは、http://freighttycoon.zoo.co.jp/

     
     
     
     
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •