Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    交通エコモ財団 グリーン経営認証の取得効果まとめる

    2008年6月13日

     
     
     

     交通エコモ財団は4日、グリーン経営認証取得による効果の検討結果を公表した。
     認証取得2年後の平均燃費は、車両総重量8t以上のトラックの場合、認証取得時と比べて4.5%(0.14km/L)、8t未満で4.3%(0.25km/L)向上。燃費が向上した背景としては、「エコドライブの徹底」「ドライバーの燃費意識向上」「デジタコの導入」「燃費管理の徹底」「エコドライブ講習の実施・参加」などが挙げられた。


     この燃費向上により、トラックでは2年間で4.3%(16万5000t)のCO2排出量を削減。すべての認証取得事業者(トラック、バス、タクシー)で同様の燃費改善効果が期待できると仮定した場合、CO2排出削減量は年間約19万tと推計される。
     また、トラックの認証取得事業者の平均燃費を全国平均と比較すると、すべての車種区分で全国平均よりも良い水準となり、全車種区分の加重平均を比較すると、全国平均より23.8%良い水準となった。
     認証取得事業者の低公害車保有率は認証取得後の2年間で、天然ガス自動車(CNG車)が0.55ポイント、ハイブリッド自動車で0.20ポイント上昇。
     走行距離10万kmあたりの交通事故発生件数は、認証取得後1年目に前年比26.4%減少。アンケートの結果では、交通事故件数の減少は、認証取得によるメリットの上位に挙げられている。同条件での車両故障件数は、同比20.0%減少した。
     また同結果から、認証取得事業者は「燃費向上や事故件数の低減」といった当初期待された効果に加え、「職場モラル・士気の向上」「リーダー層の人材育成」といったメリットを感じていることが分かった。
    ◎関連リンク→交通エコロジー・モビリティ財団

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら