Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    プロロジス 「プロロジスパーク成田III」が竣工

    2008年6月20日

     
     
     

     プロロジスは19日、マルチテナント型物流施設「プロロジスパーク成田III」を竣工し、施設内覧会を開催した。
     同施設は、千葉県山武郡の「空港南部工業団地」内に位置し、成田空港の第6ゲートから900m。同社が保有する成田空港周辺の施設の中で、最も空港に近接している。敷地面積4万7599平方m、延床面積7万7690平方mの地上6階建て。1フロアで3分割まで可能。各階へ40フィートコンテナトラックが直接乗り入れ可能なランプウェイを2基(上り用・下り用)備えており、荷捌き場には10t車が7台まで接車可能。


    pnarita2.jpg
    プロロジスパーク成田III
     施設には免震構造を採用し、従業員や荷物の安全を確保。3分の1―5分の1程度まで揺れを吸収するという。また、床のひび割れ対策にも注力。通常の施工より長時間の養生、水の少ないコンクリートの使用などにより、高品質な床を実現した。山田御酒CEOは、床に入ったひびが与える影響として、「振動による荷物へのダメージ」、「粉塵」などを挙げた上で、今回の施工法であれば「精密機械や食品などのセンターとしても安心してお使いいただける」と話した。
     道路からの出入口は3か所。特に、メインの入口は交差点からの直接の出入りが可能になっており、「周辺交通の利便性向上だけでなく、安全性も確保した」(同CEO)という。また、成田空港交通との連携により、敷地内にバス停を新設し、路線バスの乗り入れを実現。空港からのアクセスを向上させ、従業員確保の一助とする。
     同社の掲げる「サスティナビリティ」への配慮も随所になされている。敷地内には、約1万6000平方mの保安林を確保。エントランスの街路灯には、太陽光を利用したソーラー照明灯を設置し、省エネルギーやCO2排出量の削減を実現している。また、同施設の位置する芝山町のシンボルである「埴輪」の像を敷地内に配置。文化の継承の一翼を担うことで、地域に根ざした施設を目指す。
     なお、同施設は現在、入居企業を募集している。
    pnarita3.jpg
    ◎関連リンク→プロロジス

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら