Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    KDDIエボルバ「慶弔電報サービス」日通と提携し開始へ

    2008年6月30日

     
     
     

     KDDIエボルバ(伊東博社長、東京都新宿区)は7月から、従来の国際慶弔電報サービス「でんぽっぽ」の国内展開を開始。これにより受注から配送までを一括で取り扱い、国内外ワンストップサービスを提供する。
     国内電報は、91年をピークに縮小傾向にあったが、慶弔電報を中心にインターネットからの申し込みが急増、近年では年間2000万通程度利用されている。そうした需要を背景に同社は日本通運と提携。ネットワークを生かした配送で料金を割安に設定し、NTTが独占を続けていた国内電報事業に参入し、シェアの拡大を目指す。


     「でんぽっぽ」は、使いやすい「ポピュラー」(1050円)から、特別仕様の「プレミアムプラス」(5250円)まで多様化・高付加価値のラインアップを展開。日比谷花壇との提携により、オプションとしてフラワーギフトなども同時に送ることができる。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら