Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    JR貨物 PCB廃棄物輸送を北海道でスタート

    2008年7月22日

     
     
     

     JR貨物は9日、PCB(ポリ塩化ビフェニル)廃棄物の輸送開始を発表した。
     特別措置法によりPCBの処理は、平成28年7月までに無害化処理することが義務付けられている。現在は、政府が全額出資している「日本環境安全事業(JESCO)」が、全国5つの事業所(北九州・大阪・東京・北海道)で高濃度PCB廃棄物の処理を進めている。


     この北海道事業所で、7月から道外の受け入れが始まり、対象地域が広く海を越えて長距離輸送となるため、鉄道輸送が評価、同社が静脈物流として輸送を開始した。
     なお、北海道以外の事業者では、トラックでの近距離輸送が行われている。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら