Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    加納国交副大臣「サーチャージ推進と高速料金引き下げへ」

    2008年8月28日

     
     
     

     加納時男国土交通副大臣が20日、国交省で就任会見を開いた。就任の抱負で加納氏は、「力を合わせ、谷垣禎一国土交通大臣を支えていきたい」と語った。
     運輸部門の原油価格高騰問題では緊急対策として、「燃料サーチャージ制の導入を推進していくとともに、高速道路料金の引き下げを行っていく」と述べた。


     また構造対策として、「エネルギー利用の効率化を推進するとともに、電気自動車など脱石油政策も積極的に進めていく」とし、さらに「投機資本にメッセージを送り、市場での石油価格の引き下げを目指していきたい」とした。
     運送事業者の安全確保対策については、「保安監査の強化を実施する一方で、運輸安全マネジメントのさらなる導入を図っていく」と述べ、10月に運輸安全委員会を立ち上げることを発表した。
     港湾の整備では国際競争力の観点から、現在官民一体で進められているスーパー中枢港湾の推進で、リードタイムを現在の3、4日から、シンガポール並みの1日へ短縮していくことを目指すとしている。(高田直樹)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら