Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    中部国際空港 国際線貨物便の着陸料割引制度を導入

    2008年9月9日

     
     
     

     中部国際空港は8月28日、国際線貨物便の着陸料割引制度を導入すると発表。着陸料の割引制度は開港以来初めて。同空港は燃料価格高騰のあおりを受け、貨物便の運休、減便が相次いでいたが、新たな制度の導入で回復を目指す。


     新規路線、増便、機材の大型化で増量した場合、早朝、深夜割引と合わせ最大で50%の割引となる。適用期間は10年9月30日まで。半期ごとに前期と比較。増量分に対し割引を適用していく。
     深夜、早朝を除く時間帯の増量分は30%を割り引く。2年目も増量の場合は割引が適用されるが、最大で25%。(戸嶋晶子)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら