Now Loading...
 
  • トピックス

    トレーラハウス事業所、千葉県の市街化調整区域で認可

    2010年9月24日

     
     
     

     関東を中心に営業を行うスワローグループのスワローロジプロ(澤木正洋社長、東京都江戸川区)は6月、千葉県市川市の市街化調整区域内に「トレーラハウス」による事業所の認可を受けた。認可を受けた原木営業所は約3300平方メートルの敷地に4トン車、大型車を中心に約50台が稼働する。


    toreira_0927.jpg
     トレーラハウスによる事業所は、同グループではスワロー輸送(平井新吾社長、同)の沼南営業所(千葉県柏市)に続く認可第2号となる。グループ会社を管理するスワローマネジメントの中島祥輔社主は「調整区域以外に、営業所に必要な土地が見当たらなかった」と話す。同グループが大宮市に計画中の営業所もトレーラハウスで申請する予定だ。

     国交省によると、08年時点で都市計画区域は国土の26%を占め、そのうち37%を市街化調整区域が占める。調整区域内に新たな建築物を建てる場合、自治体の開発許可が必要となるが、建築物でないトレーラハウスは開発許可が不要となり、事業所が認可される。

     ただ、トレーラハウスが建築物ではないとされるためには「規模、形態、設置状況などから判断して、随意かつ任意に移動できるもの」である必要があり、その判断は自治体に委ねられているのが現状だ。審査に費やす時間も自治体によって異なり、市川市は申請から認可まで3か月かかった。

     中島社主は「市街化調整区域は、高度経済成長で無制限に開発が進められた時代に作られた制度で、今の時代に合わないのではないか」と疑問を投げかけている。(岩本浩太郎)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら