Now Loading...
 
  • トピックス

    燃料不足が深刻 供給乱れ休業するスタンド

    2011年3月18日

     
     
     

     甚大な被害を受けた東北各地の被災地ではガソリン、重油、軽油、灯油などの燃料が不足している。緊急を要する救助活動や医療用自家発電機用燃料、救援物資を配送する車両の燃料など、早急に燃料が東北の各被災地に行き渡る必要がある。



     首都圏のガソリンスタンドなどでも、店舗によっては緊急車両のみの対応・限定給油対応(油種及び数量限定)を実施。東北の被災地では救援物資の配送や瓦礫の撤去に来た救援車両が、燃料不足で作業がはかどらないなど、燃料供給体制が救援体制にも影響している。

     また、首都圏ではガソリンスタンドに車両の長蛇の列が出来る現象が起きている。地震の影響でタンクローリーによる首都圏への供給に乱れが出ている関係で、通常の入荷体制にはなっていないため、早い時間で売り切れになる日が続く。ただ、首都圏では前日に燃料が売り切れても翌日には給油ができているため、冷静な対応が求められている。

     給油所に一般客が殺到しているため、首都圏の運送会社に支障をきたしているが、多くは冷静に対応している様子だ。ある事業者は翌日の開店時間を電話で担当者から聞いておき、一般客が来る前に給油させている。

     神奈川県で自動車関連の輸送をする事業者は、荷主の工場が東北にあるため1週間は仕事が停止している。仕事がある数台のトラックだけ稼働しているので、給油所が混んでいる場合は使わないトラックから軽油をポンプで抜き取っている。この事業者は、「首都圏の燃料の混乱は一時的なもの」と見ており、「東北の被災地への優先的な燃料供給に協力していきたい」としている。(千葉由之)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら