Now Loading...
 
  • トピックス

    大阪相互(大阪市港区市岡)が破産手続き開始決定を受ける

    2011年12月1日

     
     
     

     ?大阪相互(資本金1500万円、大阪市港区市岡1 18 17、代表田口幸一氏)は、10月31日に大阪地裁へ自己破産を申請し、11月11日に破産手続き開始決定を受けていたことが判明した。

     申請代理人は村木茂弁護士、破産管財人には大山弘通弁護士が選任されている。財産状況報告集会期日は来年2月2日午後3時。


     87年7月創業、91年4月に法人改組した一般貨物運送業者。食品をはじめ工作機械、家電製品、金属類など多種多様な積み荷の近距離輸送を主に、若干ながら倉庫事業を手掛け、大手運送業者との密接な関係を築いて営業基盤を構築し、荷主筋の荷動きが活発であった08年8月期には年収入高約5億円を計上していた。

     しかし、その後はリーマン・ショックを境に急速な景気後退から物流量は鈍化、同業との競合も激化し売り上げ確保に苦戦をしいられた。また、運賃単価の低迷や燃料費などのコスト上昇で収益面も低調に推移、設備投資や運転資金などの借入水準が高く重荷となって資金繰りは悪化。以後、商環境は好転せず資金調達が限界に達したことで、ついに支えきれず今回の措置となった。

     申請時の負債は約4億4000万円。

    (東京商工リサーチ・帝国データバンク調べ)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別記事一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら