Now Loading...
 
  • トピックス

    遺品整理限定で一廃許可 北海道帯広市が全国初

    2013年8月9日

     
     
     

     北海道帯広市が遺品整理業務限定で「一般廃棄物収集運搬許可」を出していたことを6日、遺品整理士認定協会(木村榮治理事長)が公表した。遺品整理限定での許可は全国で初めて。今後は他の自治体にも広がるものと見られ、「遺品整理」の事業化を目指すトラック運送事業者にとって朗報となりそうだ。



     許可は6月20日付で、山本金属(山本武尚社長、同市)が取得。取り扱う一般廃棄物の種類は「引っ越しごみ及び遺品整理等に伴う一事多量排出ごみ」として、同市全域を対象に許可された。同市では「遺品整理限定」による許可は全国初のため「他の自治体への影響」を配慮し、情報公開せず、申請者や同協会にも「一般に口外しない」よう求めていたという。

     高齢化や老人の孤立化増加などの背景から「遺品整理業」への需要は高まり、引越業者を中心に参入を計画する運送事業者は多い。ただ、産業廃棄物の許可業者や古物商なども入り混じり、現場は混乱。環境省は各自治体に「家庭の廃棄物は一般廃棄物。収集・運搬は廃棄物処理法に基づく市町村の許可が必要」と通達していた。

     一廃の許可については産廃以上に「新規は取りにくい」とされるが、「限定」でハードルも低くなる。同市は「必要な知識を持って順法精神で行うことを理解する事業者には、今後も許可していく」方針という。

     山本金属は産廃業者だが、同協会によると現在、釧路市、函館市、弘前市(青森県)、天童市(山形県)などでトラック運送事業者4社が申請に動き出している。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら