Now Loading...
 
  • トピックス

    第158回:減額手続きで大恥

    2013年11月8日

     
     
     

     固定資産税は土地や家屋に対して課税される税金で、市役所に徴収されます。この固定資産税の損得で悩んでいる方がいます。


     この方の自宅は分譲住宅で、土地の上に家屋が建っています。数年前に隣の人が売りに出しているのを見て、今こそチャンスと住宅ローンを組んで隣の家を購入しました。そのため、2筆の土地を居住用に利用することになりました。この居住用の土地の上には3棟の家が建っていることになり、すべて住むために利用しています。以前、この方は友人に「居住用の土地と家には固定資産税の減額措置がある」と聞き、「自分の家はその減額を受けていない」と市役所に怒鳴り込みにいったことがあり、市役所の職員に「あなたの家はちゃんと減額の手続きをしており、その減額した金額で固定資産税を支払ってもらっています」と言われ、大恥をかいたことがあるとのことでした。

     現在、この方が悩んでいるのは、3棟の家のうち1棟が古くボロボロなので、取り壊ししようかと思っているとのことでした。しかし、以前に市役所で大恥をかいた経験がここで生きてきました。居住用の家が建っているから減額の特例があるということは、家がなくなると居住用の土地でなくなるので、減額が受けられなくなるというのです。固定資産税は、住宅用地については通常の3分の1、小規模宅地についてはさらに6分の1にするという特例があります。

     結局、家を取り壊すのも費用が掛かり、固定資産税も増額になるなら「取り壊しはやめよう」という結論になったそうです。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら