Now Loading...
 
  • トピックス

    事業者の尽きない悩み 荷待ち、高齢化、IT化

    2014年9月18日

     
     
     

     「荷待ちに2、3時間が当たり前。どうにかならないか」と話す愛知県内の運送事業者。「時間指定で行っても待たされる。荷主に、トラックをバスのように考えてはもらえないだろうか。『待たせても大丈夫』という意識を変えてもらわなければ、仕事への支障が大きくなるばかりだ」と憤慨し、「荷待ち時間も運賃に反映されていれば文句はないが…」と嘆く。



     別の三重県の運送事業者の悩みは「ドライバーの高齢化」だ。「若い人がいなくなった。ドライバーは高齢者ばかりで、より効果的なやり方を提案しても『昔から、このやり方でやってきた』と聞く耳を持たない。いろいろと新しいアイデアを出しても、それを実行させるのが難しい」と同事業者。「新卒を雇って育てたいが、免許の問題もあるし、業界のイメージもまだまだ悪いし…」という。

     また、「IT化」に悩む石川県の運送事業者は、「IT化といってもHPを作るというだけ。求人を出しても応募者はHPもないような会社には見向きもしない。しかし、作るのにもカネがかかるし、頻繁に更新しないとダメというから、手間もかかる」という。「HPを作ればドライバーがどんどん集まるならいいけど、そうでもないから…」など、運送事業者の悩みはまだまだ尽きないようだ。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別記事一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら