Now Loading...
 
  • トピックス

    悪質な書き込みに審判下る 無責任な投稿の代償は200万円

    2015年9月9日

     
     
     

     「社長、うちの会社や私たちのヒドイことが、どんどん書き込まれています」という女性ドライバーの訴えから始まった「悪質書き込み事件」(物流ウィークリー平成26年11月10日号既報)。インターネットの掲示板サイトに事実無根の内容を書き込まれた中国地区の運送会社が法的手段に踏み切って約1年。先に165万円の損害賠償が示された民事に続き、8月13日には刑事でも一応の決着となった。無責任なネット投稿が氾濫するなか、「決して許される行為ではなく、悪事は必ず処罰されることを示したい」と話していた社長の?本気?が短期間での事件解決へと導いた格好だ。



     区検察庁により、同日付で起訴(略式請求)されたのは近隣の同業者に勤務する従業員だった。被疑者(44歳)は名誉棄損で先に民事で165万円の損害賠償を命じられており、刑事での罰金は「おそらく30万円くらいではないかと聞いている」(社長)とのことで、無責任な書き込みの代償は200万円ほどになると見られる。名指しにされた当時のネット投稿には、同社の女性ドライバーをターゲットにした卑猥な内容も多く、彼女らが乗務するトラックを特定できるような書き込みによって「車内をのぞかれる」というケースもあった。(詳しい内容は、物流ウィークリー9月7日号に掲載しております)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別記事一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら